信用できる美容師さんに聞いた!自分でできるヘアケア対策

ノンシリコンのオーガニック商品

使用するシャンプーやトリートメントはできるだけ、ノンシリコンのオーガニック商品を使用することです。

市販のシリコン入りの商品は頭皮を脂っこくする成分がたくさん含まれているので、避けるように教えてもらいました。

美容師直伝のヘアケア

シリコン入りのヘアケア商品はその時は、潤ってしっとりする感じがするのですが、髪が栄養過多となって、頭皮が呼吸できなくなり、後々元気がなくなるそうです。

 

すごーく髪が痛んだりパサついていたりしたら、無理してノンシリコンのヘアケア商品を使わなくてもいいそうですが…。

ジョンマスターが美容師さんのオススメだそうです。

しかし、ジョンマスターは値段がするので、手頃なブランドで言えばボタニカルシリーズもおすすめだと言われました。

 

白髪対策はこれがオススメ!

白髪対策には、食べ物が良いと教えてもらいました。

白髪になるのは遺伝要素が大きいので、あまり大きな対策はできないらしいのです。

 

けれど自分でできるセルフケアで、白髪が生えてこないようにするには、食べ物から対策するのが良いらしいです。

白髪対策で取るべき栄養素は、亜鉛やミネラルがおすすめらしいです。

食べ物では、牡蠣やあさりやワカメが良いらしいです。

特にワカメは、育毛効果もあってヘアケアのために必ず取るべき食べ物らしいです。

 

美容師オススメヘアアイロン

美容師さんのおすすめのヘアケアアイテムは、ヘアドライヤーはナノビューザーー、ヘアアイロンはリュミエリーナがおすすめと言われました。

オススメヘアケア

ナノビューザーは、大風量ですぐに乾くのがおすすめポイントらしいです。

髪の毛は濡らすと、すぐに乾かすことがキューティクルを痛めない秘訣らしいです。

 

ナノビューザーは本当にすぐ乾きます。

けれど、雑に扱うとすぐに壊れてしまうので取り扱いは丁寧にしてねと言われました。

アイロンのリュミエリーナは、アイロンですが髪の毛を痛めずに、つるんとした感じで髪の毛を巻けるのが良いらしいです。

市販のアイロンは、巻くたびにどうしても髪いダメージを与えてしまいます

けれど、リュミエリーナは、種類によってですが最低でも2万円はするので、お金がかかるのが難点です。

 

なので、私はクレイツも良いよと紹介されました。

クレイツは、すぐに設定温度が上がります。

これはリュミエリーナより早いです!電源を入れるとすぐに巻けます。

また細めの形状なので、巻きやすいのも良いです。

そして、仕上がりもしっかりしていて雨などの湿気にも強いです。

 

これが人気!ヘアトリートメント

最近のおすすめのヘアトリートメントで、エヌドットのSHEAミルクを紹介してもらいました。

これは、洗い流さないトリートメントで洗髪後にドライヤーで乾かす前に髪の毛に馴染ませます。

1回の使用量は、2プッシュで良いらしいのですが、1本買うと3か月は持ちます。

 

香りがオレンジの柑橘系でこの香りがやみつきになります。

仕上がりも髪の毛に潤いがもどり、扱いやすくなります

この商品は、市販で売っていなくて美容院でしか買えないらしいのですが、とても気にいったヘアケアアイテムなのでまた美容師さんから買いたいと思います。

 

大事なのは頭皮ケア

綺麗な髪を作るには、頭皮ケアがすごく大切だと教えてもらいました。

頭皮には髪の毛だけではなく、美容につながるツボがたくさんあるらしいです。

 

気づいた時に、頭皮をモミモミするだけで健やかな髪の毛作りを助け、若々しさが保てるらしいです。

時間がある人は、ヘアブラシを持ち歩いてブラッシングをしましょうと。

やり方は、おでこの生え際から後ろに向かって3回、耳上の生え際から後ろに向かって3回(これを右と左両方です)、下を向き首上の生え際から前に向かって3回です。

 

お風呂前にブラッシングすることで、シャンプー時に1日の汚れが落ちやすくなります。

おすすめのヘアブラシは、アッカカッパのプロテクションと言われました。

トリートメントのダブル使いで傷みしらずの髪に

特にカラーやブリーチ、パーマなどをしている髪は傷みがひどく、ヘアケアに悩まされるも多いでしょう。

また、日頃からアイロンやコテを多く使用する方、髪が濡れた状態で寝る方なども髪はとても傷みやすいです。

ヘアケア

ブリーチは特に、髪の芯近くまで浸透して脱色するので回数を重ねると切れてしまう恐れもあります。

また、ヘアカラー等も同様、髪に浸透するため傷みやすいです。

 

パーマや縮毛矯正なども熱と薬の刺激を一気に与えるため髪が切れやすく、傷みやすくなります。

 

また、アイロンやコテを使用している場合も熱による刺激が強く、毎日使っているとパサパサとした手触りになってくるので傷んでいることがよくわかるでしょう。

ドライが甘い方も同様です。

 

髪が少し濡れている状態で寝ると、髪が擦れる際の摩擦で濡れた髪はとても傷んでしまいます。

 

日々、何かしらの方法で髪に刺激を与えているため、日々同じくらいのヘアケアが必要になってきます。

 

特に美容室でも注目されているのが、洗い流すタイプのトリートメントと洗い流さないタイプのトリートメントのダブル使いです。

洗い流すタイプには、コンディショナー、リンス、トリートメントがありますが、トリートメントが一番補修効果が高く傷んだ髪を一番よくケアしてくれます。

 

まずは入浴の際にシャンプー後、必ずトリートメントをしましょう。

 

地肌からつけるのではなく、あくまでも髪につけていきます。

全体的に馴染ませたあと、蒸しタオルを用意して髪を包みましょう。

 

そのまま入浴しても良いですし、身体を洗ってもいいですし、しばらくトリートメントを浸透させる時間をとります。

そして洗い流すのですが、この際完璧に洗い流すのではなく少ししっとりするくらいに残しておきましょう。

 

また、髪が長い人や量が多い人はトリートメントをつけた後にコームでとかしましょう。

 

全体的にトリートメントが満遍なくいきわたりしっとりまとまる髪を作ることができます。

そして入浴が終わり髪を乾かす前にタオルドライをします。

 

この際も摩擦をなるべく起こさないようにトントンとタオルで髪を挟むようにドライしましょう。

 

決してゴシゴシとこすってはいけません。

 

そして洗い流さないタイプのヘアトリートメントを手に取り毛先や傷んでいる部分を中心にたっぷりとつけます。

この際もコームで全体的に行き渡るようにしましょう。

 

そして乾かしていき、半乾きの時にもう一度トリートメントをつけ完全に乾かします。

こうしたトリートメントのダブル使いで傷んでいる髪でもだいぶダメージを抑えることができます。

 

さらに、あまり髪にお金をかけたくない、トリートメントを2つも買うのは高いという方にも、自宅にあるもので代用して頂けます。

 

オリーブオイルとココナッツミルクを使用したトリートメント方法もあります。

オリーブオイルは各家庭にあることが多いと思います。

 

ココナッツミルクはスーパーの食品売り場などで手に入れることが可能です。

まず、オリーブオイルを寝る前に毛先中心につけ、そのまま寝て朝を迎えます。

 

朝起きて顔を洗う先に、昨晩オリーブオイルをつけた毛先も水で流しましょう。

 

そして乾かすとしっとりまとまりやすい毛先の出来上がりです。

 

ココナッツミルクですが、これは洗い流さないタイプのトリートメントと洗い流すタイプのトリートメント両方の役割をしてくれます。

まず、ココナッツミルクを毛先中心につけ、少し浸透する時間を設けた後にそのままシャンプーをして洗い流します。

 

こうすることでシャンプーによる化学的刺激を少なくすることができます。

 

そして髪を乾かす際に、ココナッツミルクと水を少し混ぜ合わせ、洗い流さないトリートメントとしても活用できます。

とにかく痛めた髪はケアをして補うことが大切です。

すぐできるコスパ最強のヘアケア4選

行きつけの美容室で、髪がベタつきやすく、セットしても頭のてっぺんはすぐにぺったんこになってしまうと相談しました。

その際言われたアドバイスです。

 

1つ目ですが、まず、頭皮を見るカメラで、私の頭皮を見ました。

脂性肌だと思っていたのですが、なんと乾燥していました。

 

毎日、ベタベタした頭皮をしっかり洗おうと、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗っていたのが原因のようです。

肌と同じで、必要最低限の皮脂まで取り除くと、余計に皮脂が分泌されるそうです。

 

それからは、皮脂を取り除きすぎないよう、ぬるめのお湯で洗い流し、強くこすらないように洗いました。

すると、いつものさっぱり感はないものの、髪にツヤが出てきて、ベタつくというより、ツヤ髪になれました。

 

そして2つ目に、シャンプーの際もっと髪のダメージを抑えるために、ブラッシングをしてから洗うことをオススメされました。

オススメのヘアケア

そもそも、ブラッシングと水洗いで、ほとんどの汚れは落ちるそうです。

そこで落ちなかった汚れや皮脂をシャンプーで洗い流す感覚です。

 

これをするようになってから、シャンプー中に髪の毛が絡まって抜けたり、切れたりすることが少なくなりました。

 

切れ毛によるアホ毛に悩まされていたので、とても嬉しかったです。

3つ目に、トリートメントをするとき、目が粗いクシで髪をといてから流す、という事です。

 

トリートメントは浸透させる事より、一本一本をコーティングする事が重要なんだそうです。

流すときも、毛先からクシでときながら優しく流します。

 

そうする事で、いつもと同じトリートメントを使っても、同じトリートメントとは思えないほどツルツルの髪になれます。

 

時間があるときは、洗面器などにお湯を張って、毛先を濡らしながら洗い流すといいそうです。

4つ目ですが、私の髪が乾燥していて、ダメージを受けていたので、洗い流さないトリートメントでおすすめを聞きました。

 

ダメージヘアには浸透性の高いミルク系の洗い流さないトリートメントが良いらしいのですが、どこもミルクはお値段がお高く、とても手が出せませんでした。

 

そこで、おススメされたのがナプラの「ビジュロア クオリティーリッチ オイルトリートメント」です。

こちらは、オイルなのですがさっぱりとしていて、つけすぎてもどんどん浸透してくれるので、ベタベタしません

私は、椿オイルやアルガンオイルなど、他にもオイル系の洗い流さないトリートメントを使ってきたのですが、ここまでベタつかないものは初めてでした。

 

即決で購入させていただき、現在も使用しております。

 

もう何本目かわからないほど、リピートしております。

こちらのヘアケアと、ビジュロア クオリティー リッチ オイルトリートメントを使うようになってから、初めて行った美容院でも髪を褒められるようになりました。

元々少し癖のある髪で、扱いに困っていたのですが、ツヤのある保湿された髪になってから、程よいクセがオシャレに見えて、今まで一度も言われたことが無かったのですが、「良い髪のクセをお持ちですね。」とまで言われるようになりました。

 

なかなか社会人の方は、ヘアケアに時間をかけて、ゆっくりお風呂なんてできませんが、温度を下げて、100均で目の粗いクシを買ってきて、少し普段のお手入れにプラスするだけで自慢のツヤ髪が手に入れられます。

天使の輪っかも、毎日見られます。

高いトリートメントを買う必要もなく、今あるものでできるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

ビジュロア クオリティーリッチ オイルトリートメントも、一本で私は一年近く持つので、かなりコスパも良いです。

ただ、店頭で売られていることは少ないので、美容室で買うか、通販で購入される事をオススメします。

アラフォーが綺麗に髪を伸ばすには

美容室に行くといつも『いい髪質ですね。何もしなくても綺麗に延びますよ』と言っていただけることが多かった。

髪質がいい

それでも若い頃はカラーやパーマで遊んでみたかったし、黒髪ロングの魅力には残念ながら気づいていませんでした。

しかし年を重ねて自分の髪に白髪を見つける頃になってようやく『綺麗に髪が伸ばせるのはもう一生の間で今しかないかもしれない』という少し悲しい確信を抱いてしまったのです。

 

それがかれこれ数年前の話。

始まりは茶髪のボブヘアでした。

 

そこから自毛の黒髪ロングへの道のりは本当に長かったです。

美容師さんにはカラーをやめて伸ばしたいと相談したところ、一度地毛に近い色に染め直してからということになりました。

 

しかしカラーをやめてしばらくすると色が抜けて毛先の傷みも目立ち始めるので、ヘアケアも兼ねて市販のカラートリートメントを使うことになりました。

 

あまり真っ黒なものでなく馴染みやすいダークブラウンぐらいを選ぶといいよと美容師さんに教えてもらいました。

カットの回数は減らして切るときは本当に毛先の傷みをとるぐらい。

 

色が抜けた部分は自宅でこまめにカラートリートメントをしてごまかしました。

あれからもうすぐ4年。

毛先のカラー部分はほとんどなくなり憧れの黒髪ロングに近づいてきました。

 

現段階で美容師さんのおすすめは猪毛のブラシで朝夕ブラッシングする事と、軽めのオイルで毛先を保護するというヘアケア法です。

 

猪毛のブラシは安いものは2、3千円のものから数万円するものまであるそうですが、固さがあり切れ毛や枝毛がブラッシングによって少なくなるらしいです。

また朝晩ブラッシングすることで髪の艶もまったく変わってくるそうです。

 

ヘアケアのためのオイルはアルガンオイルかホホバオイルがいいんじゃないかと勧められました。

 

ツバキオイルなどは重いので、髪質にもよりますが髪がべたっと見えてしまうことがあるそうです。

まあ若い頃ならいざ知らずアラフォーがべたっとしたロングヘアーは許されたものではありませんから。

 

また白髪は少ない間はむりに染めず、分け目を変えてみたり、見つけたからといってぬいたり切ったりせず、自然に馴染む長さまで保って紛れ込ませておいた方が目立たないとも言われました。

 

あと、ロングといえばやってしまいがちなのがヘアアイロンでの巻き髪ですが、髪を綺麗に伸ばすにはやはりあまりおすすめはできないとのこと。

 

どうしても使いたいなら必ず160℃以下の低温でできるだけ短時間で巻いて下さい、それ以上の高温は髪を傷めてパサパサにするので絶対やめた方がいいと止められました。

そういえば温度なんて今まではあんまり気にしたこともなく、ちゃんとカールがつくまでけっこうしつこく使っていたなと反省しました。

 

毛先が白っぽく摩擦したように傷んでいたのはそのせいもあったと思います。

結論としてアラフォー世代が綺麗に髪を伸ばすには、体同様労りながら守りの姿勢で育てていくのが良いみたいです。

 

無理はさせない、保湿はたっぷりして、摩擦はできるだけ少なくね。

 

なんだか大切に育てた分、若い頃のロングヘアーとは違う思い入れがあります。

美容師さんからの指摘は時に加齢やずぼらなお手入れを指摘されたようで辛いときもありますが、真剣に髪の毛のことを考えた上でのものだと今は素直に受け入れられます。

 

綺麗な髪でいることは女性にとってこの上ない幸せだし、美容室にいった日はそれだけで気分も上がりますからね。

 

これからめプロの美容師さんたちの話を聞いてできるだけ長い間大好きなロングヘアーを楽しめるように頑張ってヘアケアしていこうと思います。

まずはクリスマスプレゼントにちょっとお高い猪毛のブラシでもおねだりしてみようかなと思う今日この頃です。

髪の健康は頭皮から。頭皮マッサージで血行促進!

ヘアケアのために重要なのは、実は髪自身に対してではなく、髪の根元の地肌への働きかけです。

髪にハリがないなど、ヘアケアに悩む人の多くは、地肌が不健康なことが多いのです。

ヘアケア

これは私が、実際に美容室でオススメされた、ヘアケアの効果的な方法です。

結論から言ってしまえば、大事なのは頭皮マッサージ。

髪の根元をいたわるように、頭皮を優しく揉みあげていきましょう。

 

この時に注意すべきなのは、揉む力を強くしすぎないこと。

 

頭皮を強く揉み過ぎると、髪も頭皮も同時に傷ついてしまいます。

そうなると、髪はツヤを失うこともあり、本末転倒となってしまうでしょう。

更に、指先を多用すると、爪が当たって頭皮を傷つける危険性も出てしまいます。

 

指先を使ってマッサージする場合は、指の腹で行うことを意識して、爪は決して頭皮に触れさせないようにするのが効果的です。

 

美容院でも、髪を切った後などに、美容師さんが頭をマッサージしてくれることが良くありますよね。

本当に気持ちの良い時間ですが、それも実は、頭皮の血行を促進するために行うもので、ヘアケアに繋がっているのです。

ご自身で頭皮マッサージをする際の、最も簡単な方法を紹介します。

 

まずは両手を祈るようにして組み、両手の下部を大きく開き、隙間を作ります。

その隙間を帽子のように頭にかぶせます。

そのまま手根部と呼ばれる手の平の底を使い、頭皮を軽く持ち上げるようにして揉み上げ、すぐに離します。

 

これを軽く10セットほど行うだけで頭皮の血行促進に効果を発揮します。

いつでも簡単に出来る頭皮マッサージの方法なので、室内にいらっしゃることが多い方には、特にオススメの方法です。

 

さすがに外出先で行うのは、恥ずかしいですよね。

 

ちなみにこの頭皮マッサージの方法、最も効果を発揮する場面があるのです。

 

それは、入浴中に行うこと。

入浴中は全身の血行促進が活発化しますので、マッサージをすれば、特に効果が上昇するのです。

湯船に浸かって行うのがもちろん効果的ですが、ただ、のぼせないようにだけは注意しましょう。

 

更に言えば、「シャンプーしながら頭皮マッサージを行う」のも、非常に効果的です。

上記で説明したやり方なら、指先を使いません。

つまり爪で頭皮を傷つけることがないのです。

 

美容師さんが言うには、出来るだけ汚れを落とすためにと指先でガシガシと洗ってしまうケースは、非常に多いのだそうです。

 

もちろん、頭皮が傷ついてしまえば、髪の健康にも悪影響が出ますので、これは決して良くありません。

また、これは少しだけ勇気のいる方法なのですが、「頭皮マッサージ方法を美容師さんに直接教えてもらう」という方法もあります。

実際、私はこの方法で、頭皮マッサージの方法を知りました。

 

美容師さんのほとんどは、頭皮マッサージの方法をご存知です。

少なくとも私は、「頭皮マッサージのやり方なんてわからない」という美容師さんに会ったことは、一度もありません。

とはいえ、頭皮のみならずマッサージというのは、技術的な側面を強く持ち合わせています。

 

美容師さんによっては「企業秘密」と教えてくれないこともあるでしょう。

その時は無理に食い下がるようなことはせず、素直に諦めましょう。

中には「マッサージの気持ちよさがウリ」という美容師さんもいらっしゃいます。

美容師さんだって、自分のお店に来てもらわなければ、商売になりませんからね。

 

どうしても、その美容師さんのマッサージ方法を会得したいのであれば、体験して真似をするしかないでしょう。

その美容師さんに及ばないまでも、効果的なマッサージ方法の参考にはなるはずです。

とにかく頭皮を傷つけず、なおかつ血行促進をして、髪全体の健康をサポートする方法。

 

それが、頭皮マッサージです。

自宅でも手軽に出来る方法なので、是非とも日常的に頭皮マッサージを行い、ヘアケアをしてみましょう!

血行促進効果のシャンプーヘアブラシ

40代を超えると白髪が日に日に増え目立つようになり、気にな理始めると髪を染める回数もだんだん増えてきて、原因は?ストレス?加齢?と、嫌でも加齢を気にしなくてはならなくなります。

 

でも、歳を重ねての髪の悩みはそれだけではありません。

 

年齢を重ねるごとに髪が細くなり毛根も細くなり髪が薄くなってくるのは男性も女性も同じです。

 

元々髪が細く量も少ないので、抜け毛予防と毛根を強くできればと育毛剤を使用していたのですが、ヘアケアにはあまり執着のない私。

 

面倒くさくなかなか続かずそのうち育毛剤ではなく、頭皮マッサージの器具を買って朝ブラッシング後にマッサージをしていました。

 

しかし最近、長年担当してもらっている美容師の方に「前の方が薄くなってきましたね・・・」と衝撃の宣言をされました

 

そこで美容師の方にリセッシングブラシというヘアブラシを勧められました。

 

このブラシ、普通のブラシの真ん中に独特のプレートのようなものが横に並んでいて、これでブラッシングすることによって頭皮を刺激し、マッサージ効果により、毛穴の掃除、血行促進、根元のボリュームアップ、くせ毛のまとまり、さらにリフトアップまでできるという効果の高いヘアブラシ。

 

毛穴も強くなって抜け毛も減る、デトックス効果もあると言われました。

 

ヘアブラシは毎日必ず使うもの、これで効果が得られるなら他のヘアケア商品を使うこともなくブラシは高価だけど結果的にはいいのでは、とさっそく購入しました。

 

普通のヘアブラシより強めに頭皮に当てて頭皮でブラシを感じるように強めにブラッシングするのがコツだそうです。

 

このブラシの特徴は朝は出勤前の支度の時はもちろんの事、夜、シャンプー前にブラッシングし、さらに、シャンプー中にも地肌から毛先までブラッシングしながらシャンプーすることで、毛穴の汚れを落とし、シャンプーの効果を浸透しやすくしてくれるそうです。

 

そして、もちろんドライヤー中にも使えます。

 

シャンプー中にブラッシングすることでよりこのブラシの持つ効果を発揮できます。

 

購入した日、早速使用してみました。

 

美容師さんに「最初は髪が抜けるますからね。」、と言われた通り、かなり抜けました。

 

今のところ、使い始めて早数週間経ちますが、まだ朝などかなりの毛が抜けます。

 

でも、ブラッシングしている時は頭皮がマッサージされているなと実感できていて、気持ちいいです。

ヘアケア商品

普通は普通のブラッシングと同じように、ブラシを横に持ち前から後ろ、また、髪にボリュームが出るようにと、うなじから上にとあらゆる方向にブラッシングしますが、このブラシのもう一つの特徴として、縦に持って顔から後ろへブラッシングすることによって、リフトアップ効果も得られます。

 

毎日、横に縦にと数回ブラッシングしています。

 

男性・女性を選ばないデザインな事もあり、かなり人気商品だそうです。

 

気に入った人は普通のブラッシング用、シャンプー中のブラシ、そして持ち歩き用ブラシと3本購入して使い分けている人もいるそうです。

 

それだけ効果を実感している人がいる、結果の出る商品、ということでしょうか。

 

わかる気がします。

 

つい入浴にブラシを持っていくのを忘れる事があるので、シャンプー用にもう一本、は私も検討しているところです。

 

私自身はまだ髪が変わったな、とか強くなったかな、といったわかる実感はありません。

 

でも、使い続けていつか美容院へ行った時に「髪が強くなりましたね」と言ってもらえるといいなと思います。

 

これからますます年齢を重ねても美しい髪で強い髪でいられるように日々精進です。

 

この商品をいつまでも使い続けていきたいと思います。

 

いい商品に出会えました。